カーフェリー旅ナビ

カーフェリーに乗って旅に出よう!車やバイク、家族とペットと一緒に北海道・四国・九州・沖縄へカーフェリーでGO!


カーフェリー乗船記・ブログ

カーフェリーで四国→東京!徳島-東京【オーシャン東九フェリー・おーしゃん さうす】

投稿日:2014年11月16日 更新日:

無事に四国の旅(四国88箇所お遍路)も終了をして埼玉へ帰る日がやってきた。11月の四国は非常に天候も安定していて、寒くもなく暑くもなく、観光・旅行をするには非常に良い季節だ。

オーシャン東九フェリーに乗船をする、この日もとても天気がよく気持ちのいい日だ。

オーシャン東九フェリー:徳島港へ

徳島港へ向かう。オレは香川の方から来たので高松自動車道で徳島へ向かった。高松自動車道から徳島自動車道へは、ちょっと遠回り気味になるので、板野ICでおりた。今日は日曜日なので休日割引もある。

オーシャン東九フェリー徳島港へ到着。今日は日曜日なので徳島後発11時半ということ。10時過ぎに到着をした。これから乗船するであろう、四国の旅を終えたバイクも数台いる。

九州新門司港から昨晩19時に出港した「おーしゃん さうす」も、すでに到着をしている。一晩の船旅が終わっているので、船内も適当にこなれているだろう。

オーシャン東九フェリー徳島港:乗船手続き

1時間半後には徳島港を出港して東京へ向かう。オーシャン東九フェリーおーしゃん さうすは、今日のお昼の11時半に出港をして東京有明港には翌日早朝5時40分到着予定となっている。

いつものように乗船手続きをして、行き先札をもらいダッシュボードにおいておく。乗船までしばし待つ。ビールを飲むのはフェリーに乗船してからね。

飲み物、酒、アテ、飯はすでにアイスボックスにきっちり詰め込み済みよ。

野宿はしやすそうな徳島港、待合室だが・・・たぶん夜間は入り口施錠されているよな。深夜便無いしね。徳島港のオーシャン東九フェリーが入港、出向する時間帯は、ほとんどお昼前後となっている。

フェリーへの徒歩乗船口は11時10分からとなっている。

オーシャン東九フェリー:徳島港乗船

カーフェリー乗船のアナウンスが流れる。ドライバーが車に戻ってくる。まだビールはガマン。

徳島港から乗船する車は、この日そんなに多くなかったので、スムーズに乗船が進む。

フェリーも往路と一緒の「おーしゃん さうす」であった。

無事にフェリー乗船完了。さて、客室へ行ってビールでも呑むか。

オーシャン東九フェリー:東京港へ向けて出港!

徒歩乗船の桟橋もはずれる。そろそろ出港だ

桟橋が離れ、フェリーが離岸する。バイバイ徳島、また来るね。

出港作業が続く。

オーシャン東九フェリー おーしゃん さうす!東京向けてGO!

非常に海も穏やかで、快適な船旅になりそうだ。

オーシャン東九フェリー:まずはひとっ風呂

まず、ビールを飲む前にひとっ風呂浴びよう。一汗かいたほうがビールがうまい。そう思うだろ?

誰もいない風呂でのんびりつかるが、早くも呑みたいモードになっている。

オーシャン東九フェリー:ランチビール

ランチビールの開始だ。まずは一番搾りスタウトね。

アテは塩焼きそば、きんぴらごぼうマヨネーズ、助六寿司と、かなりあかんラインナップ。

この後、缶酎ハイ、日本酒を軽く呑み進めた。

ほろ酔いで、とりあえず昼寝へGO。

こんな事やっていると、カーフェリーでの船旅なんてあっという間に終了をしてしまうよ。

オーシャン東九フェリー:ディナービールは早めにね

東京港行きのおーしゃん さうすは早朝の5時半過ぎに到着をする。朝早いので、ディナービール・呑みは早めにスタートをして、早めに寝るが良いとされる。なので、その教えを守り、オレも早めのディナービールに突入をする。

14時に昼寝GOして17時過ぎに起きた。

すぐにひとっ風呂あびる。さらに呑んだあとは使いものにならないので、明日の下船準備をきちんとこなす。ゆっくり心置きなく呑むための準備を怠ってはいけない。約束だぞ。

というわけで、風呂も完了、明日の下船準備も万端。夜は炭水化物少なめということで、ビールとアテとアイスボックスを持って、食堂へGOだ。

ディナービールもビール、缶酎ハイ、日本酒と呑み進め、かなり早めの21時頃には終了としてみた。

オーシャン東九フェリー:ベッド

オレの寝たオーシャン東九フェリーの2等寝台。2段ベッドが2つの4人部屋だった。

とても静かでしっかり寝ることができたぞ。

で、これは下船の放送が流れている、翌日月曜の早朝5時過ぎの図。東京港に到着をしていて、下船の準備となっている。

早朝の東京港に到着

早朝の東京港に入港、到着。あとは首都高速に乗って埼玉自宅へ帰れば、四国ツァーは無事終了となる。

一般の乗客は少々少なめ。乗用車は余裕の感じであった。オレも自分の車に乗り込む。

下船。

オレのキャンピングカーは降りる時は、いつも最後の方。もうすぐ朝の6時になる。夜が明けてきた。

さて、家に帰るか。

オーシャン東九フェリー おーしゃん さうす!ありがとう。また四国へ行くときはたのむね!

まとめ

昨日のお昼すぎに徳島港を出港したオーシャン東九フェリー おーしゃん さうすは、翌日早朝には東京へ到着をする。たしかに飛行機でひとっ飛びもいいが、このようにゆっくりとできるカーフェリーの旅はすばらしい。

特に、自分の車で行くとなると、関東埼玉から遠い四国や九州は、オレはカーフェリー一択だな。高速乗り継いでいくなんて、とても考えられない。フェリーは呑んでいれば目的地へ着くしね。

あなたもぜひ、カーフェリーの旅を取り入れてみてはどうだろう!

  • この記事を書いた人
Yasu

Yasu

カーフェリー旅ナビ管理者のYasuです。キャンピングカー、バイクなどに乗って日本全国出没をしています。北海道をはじめ九州や佐渡ヶ島などのフェリーに乗っています。カーフェリーは車やバイク旅に行くときのどこでもドアのように、のんびりとしていれば目的地ついてしまいます。そしてなんと言っても海を見ながら呑んでいるだけで運んでくれるのは最高のフェリーの魅力ですよね!

-カーフェリー乗船記・ブログ

Copyright© カーフェリー旅ナビ , 2018 All Rights Reserved.